社会保険の制度を利用してお金を受け取りながら休養しよう

落ち込んでいる人へ

お金

精神病の人への救済策とは

うつ病になって働けなくなると、生活に困るようになりますが、その際に役立つのがうつ病傷病手当です。その傷病手当には健康保険による制度と雇用保険による制度があるので、ここでは健康保険によるものを紹介します。健康保険によるうつ病傷病手当では、企業が加入している健康保険の被保険者という条件を満たすと、一定額の支給がある場合があります。対象は正社員だけでなく、アルバイトや派遣社員でもいいので、幅広い人が利用できるようになっているのです。このシステムのいいところは、仕事ができない療養中でも一定の収入保障があることと業務に関係がないうつ症状でも支給があること、支給開始日から最長1年6か月という期間支給が行われることです。したがって、うつ病になってもしばらくの間は安心して生活ができるでしょう。うつ病障害手当の支給要件ですが、業務外の理由によるうつ病で仕事を休んでいること、3日連続して会社を休んで、4日目以降も休業していること、その間給与の支給がないことなどです。したがって、要件に該当する人は申請をしたほうがいいでしょう。

うつ病傷病手当の支給額は、休みの日1日につき標準報酬日額の3分の2となっていますが、標準報酬日額は標準報酬月額を30日で割って算出します。では、標準報酬月額とは何かというと、労働の対価として支払われる報酬のことで、基本給と残業手当と住宅手当などさまざまな報酬が含まれます。うつ病傷病手当は申請から1か月程度で支給がされるので、仕事を休んで給与が得られない場合のピンチにはとても助かる制度です。業務上の病気や怪我で就労不能となった場合は労災保険の適用がありますが、それよりも支給開始日が早いので、利用がしやすくなっています。それから支給該当期間の最中に一時的に復職しても、その間を別に1年6か月間支給が続くので、また休職しても大丈夫でしょう。もう一つの特徴として、時効が2年となっているので、休職後少し期間が経っていても申請ができます。したがって、申請が遅れても支給の可能性があるので、損をしないで済みます。なお、雇用保険の傷病手当について簡単に触れておくと、失業保険の基本手当の支給要件に合った人が失業し、ハローワークで求職の申込(ここがポイント)をし、うつ病で15日間以上就労不能となった場合に受給が可能です。

Copyright© 2019 社会保険の制度を利用してお金を受け取りながら休養しよう All Rights Reserved.