社会保険の制度を利用してお金を受け取りながら休養しよう

病気による休職

女性

うつ病で休職するとき使える制度は

うつ病などの精神疾患のために働くことが困難となり、当面のあいだ仕事を休まなければならない場合があります。ですが、収入がなくなることは生活に直結することであり、経済的不安でゆっくり療養もできないという方が少なくないのではないでしょうか。そんな場合に利用できるのが、「うつ病傷病手当」です。傷病手当金は、怪我や病気で仕事を休まなければならなくなり、給与が支払われないときに一定額の手当金を受け取ることができる制度で、うつ病をはじめとする精神疾患にも適用されます。対象は会社員などの健康保険に加入している被保険者となり、国民健康保険加入者は含まれません。うつ病傷病手当が支給される期間は1年6ヶ月まで、金額は1日あたり「標準報酬額」の3分の2となります。標準報酬額というのは、支給開始日以前の連続している12ヶ月間の標準報酬月額の平均値を30日で割ったものです。また、一度仕事に復帰できたとしても再び同じ病気によって休職しなければならなくなった場合は、支給開始日から1年6ヶ月以内なら、再び手当金を受け取ることができるようになっています。

うつ病傷病手当を受け取るためには、「傷病手当支給申請書」を提出しなければなりません。添付書類として「医師の診断書(意見書)」と「事業主の証明書」が必要となります。病院で発行してもらう診断書などは、基本的には自費になっている場合が多いのですが、傷病手当金申請のための診断書に関しては健康保険が適用されます。ここで、一つだけ注意すべき点があります。それは、病気を発症した原因が「業務以外」にあり、働くことが困難であることを明記することです。うつ病になった理由を「会社や業務」によるものとしてしまうと、傷病手当金の対象ではなくなり、「労災(労働災害保険)」の扱いとなりますので注意してください。申請の流れは、まずは職場に病気により休職が必要であることを伝え、その期間の給与はどうなるかを確認します。企業によって規則が違いますので扱いについてしっかり確認のうえ、有給・病気休暇があれば消化してから申請を検討したほうが良いでしょう。うつ病傷病手当の申請を決めたら「申請書」を用意し必要項目を記入し、添付書類を整えます。提出先は、加入している健保組合や健康保険協会、会社によっては総務や人事部などに提出するところもありますので事前に確認をとっておきましょう。

Copyright© 2019 社会保険の制度を利用してお金を受け取りながら休養しよう All Rights Reserved.