社会保険の制度を利用してお金を受け取りながら休養しよう

給付金でお金の問題を解決

男性とお金

収入を途絶えさせずに休養を取る方法

ストレス社会である現代、うつ病を抱える人は増加傾向にあります。症状が悪化して会社を辞めたり休みたいと考えても、生活を考えればなかなか踏み切れないものです。家計を支えている立場であれば、尚更口には出せません。お金の問題に頭を悩ませずに休養を取りたいという場合には、うつ病傷病手当を利用しましょう。うつ病傷病手当とは、仕事ができずに給料が受け取れなくなった場合に、生活を支えてくれる給付金のことを指します。申請から1ヶ月程度で支給が開始されるので、収入が途切れる心配はありません。最大で1年6ヶ月まで支給されるので、会社を辞めるにしろ休むにしろ十分に休養が取れるでしょう。給付金の額は、標準報酬月額の2/3程度ですが、全く収入がなくなってしまう状況に比べればまだ良い方だといえます。うつ病傷病手当は、平成28年4月に法改正されたことで、出産手当金との併用もできるようになりました。傷病手当金の金額が出産手当金の額よりも多い場合は、その差額が支給されます。

うつ病傷病手当は、社会保険の健康保険加入者であることを条件に申請することができます。国民健康保険の加入者は対象とならないので、注意してください。また、うつ病傷病手当は、最大で1年6ヶ月の間受給が可能ですが、労務不能となって3日間は待機期間扱いとなります。つまり、会社を休んでも最初の3日間は傷病手当が発生せず、4日目から発生することになるという点にも注意が必要です。傷病手当はケガや病気の場合、その都度申請できますが、うつ病のような精神的な病の場合は、病名は異なっても同一だと判断されてしまう可能性あります。そのため、うつ病を何度発症しても、1年6ヶ月以上は傷病手当を受給できない可能性が高いといえます。うつ病傷病手当は、国ではなく企業が自主的に設けている制度です。制度そのものを実施していないという企業も珍しくないので、休職や退職を希望する際には、まずは自社内の制度について調べておきましょう。休職の条件や期間、復職条件といった内容を調べた上で、先の見通しを持って申請することをおすすめします。

落ち込んでいる人へ

お金 うつ病で休職すると、今後のことが心配でしょうが、そのようなときのためにうつ病傷病手当という制度が用意されています。この制度が利用できれば、一定期間一定額の収入が保証されるので、しばらくの間は不安を抱かずに暮らせるでしょう。

詳しく見る

傷病手当を無活用しよう

硬貨 現代病とも言われるうつ病には早めの治療が大切です。中でも重要なのが休養ですが、収入が不安でなかなか仕事を休めないことも。そんな時頼りになるのがうつ病傷病手当です。これは健康保険など公的医療保険の制度で、休業中の収入の減少を補填してくれます。

詳しく見る

申請をして受け取る

カウンセリングを受ける中年女性 うつ病傷病手当はうつ病で休職をする際などにとても助かる制度です。しかし申請を行わなければ受け取ることができないので、出来るだけ早めに申請を行い、受給できるようにしておくと安心してうつ病と向き合うことができるでしょう。

詳しく見る

病気による休職

女性 うつ病などで休職することになった場合、収入がなくなるのは不安なものです。そんなときに利用できるのが「うつ病傷病手当」です。給与の約3分の2が休んだ日数分支給されますので、活用してゆっくり療養を心がけましょう。

詳しく見る

うつ病で傷病手当について

悩む男性 うつ病傷病手当というのは、うつ病により長期的な休養が必要な時に支給されるお金のことです。社会保険に加入していることや、休職している日にち、または休職中の給与の有無など条件に当てはまった人が申請することができます。

詳しく見る

人気記事

お金

落ち込んでいる人へ

うつ病で休職すると、今後のことが心配でしょうが、そのようなときのためにうつ病傷病手当という制度が用意されています。この制度が利用できれば、一定期間一定額の収入が保証されるので、しばらくの間は不安を抱かずに暮らせるでしょう。
硬貨

傷病手当を無活用しよう

現代病とも言われるうつ病には早めの治療が大切です。中でも重要なのが休養ですが、収入が不安でなかなか仕事を休めないことも。そんな時頼りになるのがうつ病傷病手当です。これは健康保険など公的医療保険の制度で、休業中の収入の減少を補填してくれます。
カウンセリングを受ける中年女性

申請をして受け取る

うつ病傷病手当はうつ病で休職をする際などにとても助かる制度です。しかし申請を行わなければ受け取ることができないので、出来るだけ早めに申請を行い、受給できるようにしておくと安心してうつ病と向き合うことができるでしょう。

Copyright© 2019 社会保険の制度を利用してお金を受け取りながら休養しよう All Rights Reserved.